Pocket

FX 自動売買ソフト探しからの解放されたいと

>> 詳細はこちらをクリックW2C-Clipper「クリッパーMT4資産運用システム」 インフレ 口コミ

 

 

株式会社トリロジーさんのW2C-Clipper「クリッパー【FX自動売買 ソフト探しからの解放】MT4資産運用システム」の最適なナンピンを 繰り返し、資産を減らすリスクを極力排除し、逆にじっくりと 安定的に増加させていくロジック設計の口コミやインフレ対策や 感想、内容などをまとめてみました。    

 

●インフレに備える

銀行に預ければ安心と考える方も多いと思います。 しかし、お持ちの金融資産が円預金だけというような場合、 本当に安心といえるでしょうか。実はお金の量はかわらなくても、 お金の価値が下がってしまう、そんな話があります。   例えば円預金の金利があまり上がらないまま、1年間で物価が 上がってしまったらどうなるのでしょう。    

●知っておきたいリスク、「インフレ」

インフレーション(インフレ)とは物やサービスの値段が 上がって、相対的にお金の価値が下がることを言います。 一つは、例えば、このところ原油価格は安定しているようですが、 少し前までは原油価格が高騰し、原材料価格も高騰して いましたが、これは新興国の急速な経済成長も一因だと 言われています。こうした場合、企業は高騰した原材料費分 をコスト削減で調整しょうとしますが、限界もあり、物の 値段に転嫁しなくてはならなくなり物の値段が上がっていきます。    

●インフレは過去のこと?

日本の過去の物価上昇率を各10年単位で調べた場合は、 1970年代の高度経済成長率は実に物価が10年で2倍以上に なっていて、日本の経済成長ぶりが見て取れます。 バブルが崩壊してからしばらくは、むしろ物価が下がる 「デフレ」が指摘されていましたが、最近の原油・原材料や 家賃価格が上がっているなど身の回りでは物価上昇が起こり はじめているようです。  

インフレ以外でも物の値段が上がったと感じる要因として、 消費税があります。過去に消費税導入、3%だった消費税が 5%に引き上げられると、その分、物の値段は実際に 上がっているのと同じことになります。    

インフレが起きるとどうなるでしょう 例えば、現在のタンスにある100万円は30年後にも同じ100万円 ですが、インフレ率が3%の場合は、お金の価値は目減りして 現在の勝ちに直すと約41万円になることが分かります。   実際には、インフレが起きる場合は一般的に金利も上昇しやすく、 タンス預金ではなく銀行預金に預け入れていれば下がるような 事はないですが、インフレ率を上回る金利で運用しなければ お金の価値が目減りしていくことになり、やはりインフレに 対して無関係ではいられません。  

また、相場に対しても無関係でいられません。 インフレ率を上回る投資での金利運営が必要になります。     相場は過去データ分析から、そのトレード自体の精度を 正確性を高めることを目的としたトレード手法といえます。

 

これらがすべての相場の性質や参加者の心理です

    しかし、先ほどの相場の心理のものとは発想の原点から異なり、 性質や期間を決めないで極めて優れた恒久的に通用する トレード手法があります。   それは「ナンピン+マーチンゲール」を用いた手法です。 これは投資を職業として成立つせているプロの方々が 好んで用いる方法でもあります。

>> W2C-Clipperの詳細はこちらをクリック

      W2C-Clipper「クリッパーMT4資産運用システム」 1

 

 

ただし、確かにこれは相場で勝ち残る手法のひとつではありますが、 その性質上非常にシビアなリスクマネージメントとロジック設計 を必要とします。     簡単に手に入り世間に氾濫する同じような手法には不完全なものが多く、 大きな失敗者を出してしまうものまであります。 そして、一般の個人投資家にはなかなか受け入れられないのが現状です。    

今まで話した中でのリスクコントロールに問題点があり同じ ような手法ですが、今回我々W2C-EA開発チームは、徹底した 「リスクコントロール」を施し、また、後ほどお話しますように、 個人のリスクテイク度合いに応じて、簡単にセッティングを 変えることが出来るEAを開発する事に成功しました。    

これまでの機関投資家が用いてきた同じような手法とは一線を画した、 全く新しいロジック内容となっております。   W2C-Clipperを手に入れたあなたは、安定投資法を探求し苦悩する 日々から開放され、2度と他の自動売買プログラムを探す必要がなくなる。

>> 「クリッパーMT4資産運用システム」 の詳細はこちらをクリック