まずはフォワード結果を見てください!

>> 詳細はこちらをクリック

 

 

H.StarさんのTriangleHedge-TypeR トライアングルアービトラージ、相関ヘッジを 包括した、超極秘開発EA!

遂に公開!!の暴露と 利益大の内容などの情報をまとめました。

 

超極秘開発EAは自信があるからこそ見てもらいたいのです!

そして、結果があなたを納得へ導くのです。 何よりもこれを見てもらいたい!!

直近フォワードの感触としては、 複利運用で大体1日に3%ぐらいの増加です。

(2011年12月5日現在) なぜFXをするのか…。 それは勝って利益をあげるためです。

 

ただ、小規模の小遣い程度ではなく、もっと大きく稼ぎたい!! そして、リスクはできる限り小さくし、利益を大きくしたい。 これはFXをしている方全員の共通の思いでしょう。 あなたもそうは思いませんか?

 

今まで、そんなことを言っているEAはたくさんあったけど、 フォワードで試すとダメなやつばっかだった。 そんな経験をしている方も多いのではないでしょうか。 でも、Triangle Hedge は本物です! それには証拠が必要になります。

 

それはフォワード結果です! この結果がTriangle Hedge の全てを語っています。 短期間で利益を出していることは分かると思いますが、 注目すべきは2点あります。

 

まず、究極の安定性、利益率で利益を上げ続けるということです。 ほとんど損失を発生させず、右肩上がりの曲線を描いています。 さらにもう1点は、圧倒的な回転率(取引回数)で、 負けたとしてもそこからの回復が異常に早いということです。

 

どんなEAであれ、当然負けは発生します。 これは本EA Triangle Hedge といえど起こります。 ですが、その後すぐにその負け分を取り戻しているのが分かると思います。

 

超極秘開発 Triangle Hedge の秘密を暴露!

「超極秘開発」。 なぜ「極秘」、それも「超極秘」なのか?? それは、このEAが【 今までに類を見ない特殊なロジック 】で製作されているからです。

モニタを募集し、Triangle Hedgeをテストしてもらいましたが、 特殊なロジックであるが故に公開による情報漏洩リスクを最小限にするよう、 秘密保持契約を結んでいただいたごく少数のモニタ様に限定して行いました。

 

また、ご協力いただいた専門家にも秘密保持契約にご理解いただける方のみを集め、 開発を進めてきたのです!

そして、3年の試行錯誤の末、遂に公開の時を迎えました!

>> Triangle Hedge の秘密を暴露の詳細はこちらをクリック

 

手堅くがっつり稼ぐ! Triangle Hedge の3つの特徴

Triangle Hedgeが「手堅く」、そして「がっつり」稼ぐ、 その秘密を暴露します。そのEAの特徴は大きく“3つ”あります。

トライアングルアービトラージ、相関ヘッジによりリスクを最小限に抑え、 リスクがないからこそ、攻めのトレードで利益を上げていくという、 安定性と高い収益性を実現したシステムです!

 

1.トライアングルアービトラージ

トライアングルアービトラージとは、3つの通貨ペアにおいて成り立つ EURJPY = EURUSD × USDJPY という等式が崩れた時をねらって取引し、 リスクなしで利益を上げられる手法です。 Triangle Hedge では、トライアングルアービトラージの発想を軸に、 より広い視点でとらえることでこの弱点を克服しました!

 

2.相関ヘッジ

相関ヘッジとは、似た動きをする2つの通貨を用いることで 相場変動リスクを最小限に抑える取引手法のことです。 トライアングルアービトラージだけでなく、 相関ヘッジを取り入れることにより、 さらにリスクを減少させることに成功しています!

 

3.利益を上げる攻めのロジック

先にお話したトライアングルアービトラージ、相関ヘッジにより 取引におけるリスクを最小限に抑えたことで、ガンガン攻める ロジックを採用でき、利益をがっつり取ってきます。 「だから、証拠は」と、そんな言葉が返ってきそうですが、 フォワード結果を見てください。   取引回数、資産増加、利益、資産推移曲線、これが証拠です!!

 

上記説明が少し漠然としていると思いますが、 「超極秘」と言っているのは、本当に極秘開発システムのため、 あまり多くのことを語ることができないのです。   ただ、沢山の結果で証明していきます。

引き続き、フォワード結果を公開しています。 また、無料版のデモ口座専用があります。 フォワードテストができます。口座に設置して2~3日放置しておけば、 このシステムの意味、価値に必ずご納得と幸運が得られると思います。

 

>> Triangle Hedge の3つの特徴の詳細はこちらをクリック

 

 

手堅くがっつり稼ぐ! Triangle Hedge の独自ロジック

まず、両建ての場合を考えてみましょう。 例えば、EURUSDの売りポジション、買いポジションを 同ロットずつ両建てする場合を考えてください。   すると、本来は相場が変動しても合計損益は変化せずに 一定のままになります。エントリー時のスプレッドを考慮すると、 例えば-10$のまま増えもせず減りもしないはずです。

 

このEAでは1通貨の両建てではなく、相関のある複数の 通貨を用いることで、その損益と為替変動のリスクを 相殺しながら利益を上げるタイミングを見極めます。

 

つまり、相関のある複数の通貨を両建てすることで、 通貨 A がプラスの時には通貨 B がマイナスとなり為替変動リスクを吸収、 また、ほぼ一定の損益をたもちながら+100$になったり、 -100$になったりの変動を繰り返し プラスの時に決済するというイメージです。

 

取引執行リスクを考慮すると、取引通貨数は少ない方が良いので 基本はヘッジ(2通貨)ですが、一定条件で3通貨目を保有します。

 

 

サヤ取り、ペアトレード、アービトラージというと

例えば、EURUSDの買いと、GBPUSDの売りを持つ場合 「EURGBPの買いポジションを持つのと同じだから意味がないじゃないか!」 という人が出てくると思いますが、その意見はある意味では正しいです。 よく研究されているからこそ発言できる良いご意見だと思います。 では、EURGBP単一で取引したとしましょう。

 

どこでエントリーしましょう?いつエントリーしましょう? 何を基準にトレードしましょう? 何が言いたいかというと、結局のところ単一ポジションでのトレードであっても、 ヘッジトレードであっても必要な要素、本質は同じで、 いつ?どこで?何を基準にエントリーするのかということに掛かってくるのです。

 

そのタイミングを計るために、 複数の通貨を用いて、通貨間の相関、パワーバランスを算出しています。 各通貨成分を分離することで、より通貨の流れ、強さを見えるようにし、 的確なエントリーポイントを探し出しています。

 

「相関トレードは合成通貨をトレードするのと同じだから意味がない」という意見は 途中まではある意味で正しいですが、そこから単純に意味がないと 結論づけてしまった部分が短絡的だったわけです。

 

そこでさらにもう一歩、通貨間の相関やパワーバランスの考察に踏み込んで研究し 完成させたのが、このTriangle Hedgeです! 通貨間の相関やパワーバランスを視覚化するシステムには様々なものがありますが、 今回のTriangle Hedgeでは、次のオリジナルインジケーターを製作し、使用しています。

 

このインジケーターは複数通貨間の相関、パワーバランスを見るために製作し これを用いて複数通貨のバランスを見ています。 少し難しい話になってしまいましたね。

ここでは複数通貨間の相関、パワーバランスを見ながら取引しているという ことを予め認識してもらいますとありがたいです。

 

 

 

テクニカルを使用していないトレード!?

今回のTriangle Hedgeは、テクニカル指標は使用しません。 説明が難しいですが、テクニカルを使用しているといえば使用していますが、 MACDやボリンジャーバンド等のテクニカル指標とは 考え方がまったく異なるものを見ています。

 

通貨間の相関やパワーバランスを見ているだけですから、 どのような相場であってもあまり関係や影響はありません。

 

トレンド、レンジ相場など、相場状況によって賞味期限があるシステムや、 最適化を頻繁に行いながら使用するシステムとは根本的に違いますので その辺をご理解ください。

 

ただ、時間帯特性や、曜日特性はあるかもしれませんので、 その辺りの特性が見られるようであれば今後それに合わせて取引をON/OFFできる パラメーターを追加していこうと思います。

 

 

瞬間的なアービトラージシステムとはまったく違う

複数のブローカー口座の価格データを比較して、MT4を連動させて取引する アービトラージシステムと類似したものと勘違いされる方もいるかもしれませんが、 このEAはまったく違うシステムです。

 

1つの口座だけで完結するシステムです。

また、トライアングルアービトラージを軸に開発しているため、 瞬間的に売買を繰り返すシステムと思われるかもしれませんが、それも違います。 もう少しのんびりと見ていただくタイプのシステムです。

 

(set and forget) 瞬間的な売買を繰り返すシステムにしてしまうと、パソコン性能、ブローカー、 スリッページ、ping値・・・etc. とかなり複数の要素が入り込み、 ユーザー環境に依存してしまうシステムになることは容易に想像できます。

 

ですから、このシステムは瞬間的に売買を繰り返すようなシステムにならないよう 考えられて作られています。

 

早ければ1分ぐらいで決済する時もありますが、30分や3時間かかる時もあります。 設置したら、のんびりと決済を待ってください。 「って結局どんなEAなの??」 という方が多いと思いますので、現在、デモ版を配布しております。

 

このEAはバックテストできませんので、デモ口座のチャートの設置いただき、 Triangle Hedge の実力を感じてください!

「結局こんなに凄いEA」と気づきます。

>> アービトラージシステムの詳細はこちらをクリック

 

三角青下向きb0112  

 

 

 

保存

保存