マンション売ったら、今いくら?失敗しない選び方!

%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3マンションや住宅の売却査定依頼の方法は色々とあります。

2020年の東京五輪で不動産の市場の動きが活発です。

不動産の売却査定は東京だけでなく全国に広がっています。

実家の売却査定をするのは、全てではないですが子供(長男、長女)が

都内に住んでいて、実家の新潟市の自宅とかの査定依頼が増えています。

今の住宅の売却や住み替えには、査定には色々と手続きが必要になります。

不動産査定依頼内容については、土地、一戸建て、マンション、

店舗関係が不動産査定の対象になります。現在、お住まいの住宅やマンション、

店舗や相続で所有することになった不動産も可能です。

不動産査定

 

 

 

不動産の査定内容の色々とは

査定の仕方には大きく分けて、机上査定(簡易査定)と訪問査定(現地査定)があります。

机上査定はお部屋の確認は行ないませんが、事前に土地情報、戸建やマンション図面等を

お預かりした内容に基づいて路線価、固定資産税価格、相続税価格などの法規制等の調査、

周辺の売出事例や成約事例の調査、市場の動向を考慮に入れての不動産査定価格を出すものです。

 

 

 

机上査定と訪問査定では何が違う!

訪問査定は、机上査定の内容にプラスして、不動産査定の現在のお住まいや空き家のお住まいを

訪問して、お部屋や庭の状態、マンションの状態、リフォームの必要性等を確認してから、

不動産査定価格の査定結果をだします。不動産の立地条件や日当りや風通し、

騒音等のチェックなども実際の戸建住宅やマンションのお部屋で確認します。

より精度の高い査定金額の提示を出すことができます。

 

机上査定と訪問査定につきましては間取り関係の必要な資料をお願いする場合があります。

中古住宅、中古マンションなどをそのまま販売する場合は、間取り関係の資料を

いただきたいと思います。戸建住宅図面は新築時の建築確認申請図面、

マンションは購入時のカタログ記載の図面が必要となります。

もし、図面がない場合は、図面等の作図をします。

現在、空き家で所有の住宅、マンションは鍵をお借りして中を見させていただきます

在宅の場合は確認のうえ図面を作図します。

相続関係で所有することになった空き家住宅やマンション、空地も見させていただき、

敷地や住宅の間取りの作図をしての査定となります。

 

 

 

査定にかかる時間は何時間?

机上査定では、一般的には1時間程度の調査で査定金額をお出しできます。

訪問査定は、現地確認のため、お部屋を拝見させていただきます。1時間か2時間程度です。

その他に役所での調査、法務局での調査がかかりますので、不動産の査定書をお出しするまでには、

調査に万全をつくし、少しでも高額になりますよう細部に渡り検討いたしますので、

数日いただくかたちとなります。

エリアにもよりますが買取なども行っておりますのでどうぞ気軽にお声掛け下さい。

 

 

 

マンション、住宅の査定後の売却はどのくらいかかの

不動産査定後の査定金額により、売却活動を行うためには媒介契約が必要となります。

専任媒介と一般媒介があります。媒介契約についてはあとで説明します。

不動産の査定後の売却活動は、事前に取決めをした内容で現地に看板の設置と周辺に折り込みチラシ、

査定会社のホームページに不動産の掲載が売却活動となります。

 

現在入居中の方で周辺の折り込みチラシや現地看板は近所に知られたくないことでも

弊社のホームページに物件掲載として購入希望者を集めますから売却活動はできます。

近隣へのチラシ等の配布は控え、インターネット等で物件掲載することをおすすめします。

インターネットに興味があり、エリアで物件を探している方が見る媒体ですので、

ご近所の方に知られ難いという特徴があります。

 

 

 

マンション売却、不動産売却のイエイ

 

不動産査定

 

 

 

 

保存