東京オリンピックで地価がグローバル化で加速

賃貸不動産管理は買い時があります。

PCからスマホ、タブレットで東南アジアでも携帯の基地局が

設置され、今まで携帯が使ったことがないが、元々頭のいい人たちが

英語ベースで東京オリンピックなどの不動産が大きく動くことは知っています。

配偶者の連帯保証人なしで総額10億円の融資を受けた方法

 

 

不動産市場は「ライバル」「お客様(借主)」しかいません。

ライバルは日本人とは限りません。

 

不動産投資で配偶者連帯保証なしで銀行から総額10億円のノウハウを

知っていれば、当然、頭のいい外国人はこの方法を使ってマンションを始め

 

立地条件の良いアパート、戸建てなど10億以上ものお金を銀行から融資を受けて

 

買い占めに入ることは5年も過ぎて2020年近くともなれは、グローバル化

日本人のオーナーが少ないかもしれません。周りは東南アジアの富裕層なんて。

 

 

 

ITがもたらしたグローバル化はそのようなことが起きます

不動産投資で配偶者の連帯保証人なしで銀行から借入ができることは

配偶者でもなく、連帯保証人もなしでも単独で総額10億円を銀行から

金融機関から借入が可能になります。

>> 不動産投資の保証人なしの融資仕方はこちら

 

 

金融機関も国内の金融機関とは限りません。外資金融機関の可能性もあります。

東南アジアのホワイトカラーの人たちは日本のホワイトカラーの年収を超えています。

今、中国の富裕層たちが下見に東京に押し寄せています。家電や賃貸物件を

暴買いしています。

 

これからは、東南アジアの富裕層たちが東京オリンピックで地下が高騰するの

想定内として先手が必須となります。

まだ、配偶者の連帯保証人で融資を受けて賃貸物件を買いますか?

グローバル化の危機感はないですか?今から備えて準備しませんか?

 

 

 

不動産投資の融資に関する教材です

投資総額が約10億円、マンション7棟、

280室を保有し、年間家賃年収が

約1億4000万円の現役の不動産投資家で、

元不動産投資ファンドの財務担当取締役が

不動産投資の融資について解説します。

 

マンションやアパートなどの賃貸物件の購入方法は

金融機関からの融資の受ける方法は個人の場合は、

担保価値、返済能力により連帯債務者や連帯保証人が

一般的には必要になります。

 

 

このノウハウは配偶者の連帯保証人なしで総額10億円の

融資を受けた実績を基に、融資を受けた実績、

金融機関別の融資の特徴です。

 

不動産投資ファンド財務担当取締役流の交渉術、

融資攻略法を解説します。

今までにないバックグラウンドと切り口から解説しており、

配偶者の連帯保証を得らない方にも有効な情報が満載されています。

グローバル化が加速して近隣アジアの富裕層たちと競争する前に

>> 不動産投資の融資に関する教材はこちら

 

 

 

>> 不動産投資で保証人なしで総額10億円の融資を受けた方法

 

保存